Reading Wittgenstein's Philosophische Untersuchungen, Part III: Languege-Game

目次 はじめに ドイツ語原文 ドイツ語文法事項 直訳/私訳 平凡社版 岩波版 講談社版 『探究』の言語観とは? 終わりに はじめに 今回もまた L. Wittgenstein の Philosophische Untersuchungen をドイツ語原文で楽しんでみます。 前回は、「言語ゲーム」とい…

Reading Wittgenstein's Philosophische Untersuchungen, Part II: Languege-Game

目次 はじめに ドイツ語原文 ドイツ語文法事項 直訳/私訳 平凡社版 岩波版 講談社版 セクション 7 の構成について 終わりに 追記 はじめに 前回に続き、L. Wittgenstein の Philosophische Untersuchungen をドイツ語原文で味わってみます。 上記の書『哲学…

Reading Wittgenstein's Philosophische Untersuchungen, Part I: Languege-Game

目次 はじめに ドイツ語原文 ドイツ語文法事項 直訳/私訳 平凡社版 岩波版 講談社版 終わりに はじめに ここのところ Immanuel Kant の Kritik der reinen Vernenft のドイツ語原文 (とその仏訳) を読んできましたが、ちょっと疲れるので、趣向を変え、以前…

Reading Kant's Kritik der reinen Vernenft, Part VII

目次 はじめに ドイツ語原文 ドイツ語文法事項 直訳 岩波訳 フランス語訳 フランス語文法事項 直訳 はじめに 前回は一度休憩が入りました。今回は前々回に引き続き、Immanuel Kant の Kritik der reinen Vernenft の第二版をドイツ語原文で読んでみます。前…

On a Few Titles I Was Impressed by the Last Year

今月は次の文献を購入しました。 ・みすず書房編 『読書アンケート 2023』、みすず書房、2024年。 これはみすず書房が出していた月刊『みすず』の新年1・2月合併号をリニューアルしたものです。読書アンケート特集が載っているこの合併号は毎年楽しく拝見さ…

Reading Kant's Kritik der reinen Vernenft, Part VI

目次 はじめに ドイツ語原文 ドイツ語文法事項 直訳 岩波訳 フランス語訳 フランス語文法事項 直訳 はじめに 「アプリオリ」、「アポステリオリ」 の区別について、Immanuel Kant の Kritik der reinen Vernenft をドイツ語原文で読んでみる続きです。第ニ版…

Reading Kant's Kritik der reinen Vernenft, Part V

目次 はじめに ドイツ語原文 ドイツ語文法事項 直訳 岩波訳 フランス語訳 フランス語文法事項 直訳 はじめに 数か月ぶりになりますが、今回もやはり Immanuel Kant の Kritik der reinen Vernenft をドイツ語原文で読んでみます。本日は有名な「アプリオリ」…

Is Sovereignty Nishida's Absolute Nothingness?

今日もちょっと一服するため、少し前に読んだ本の感想を記します。その本とは次です。 ・ 嘉戸一将 『法の近代 権力と暴力をわかつもの』、岩波新書、岩波書店、2023年。 嘉戸先生のこのご高著は大変重要な話題を扱っておられたので、私はさっそく購入させて…

Can We Believe in God after Auschwitz?

目次 はじめに アウシュビッツのあとで、神は存在するか? 神は薄情者なのか? 神が望んでおられること おわりに はじめに 先日来、ハイデガー哲学の入門書を読み、それに関連して、ナチ・ドイツの歴史やヒトラーの伝記、それにユダヤ関係の本などを読んでい…

An Inconsistent Triad of Characters in Nazism

前回と前々回はハイデガーとナチズムの関係を見てみました、その流れの中で興味深い小話を見かけましたので、今回はそれを引用してみましょう。次にその小話が載っています。 ・ 芝健介 『ヒトラー 虚像の独裁者』、岩波新書、岩波書店、2021年、329-330ペー…

You're Missing the Point.

目次 はじめに タイミングの問題? 政治と哲学の混同? 恥 = 謝罪? 謝罪の拒否 終わりに はじめに このあいだ、次の本を購入し、拝見させていただきました。 ・ 轟孝夫 『ハイデガーの哲学 『存在と時間』から後期の思索まで』、講談社現代新書、講談社、20…

You Can Find a Humpty Dumpty Here Too.

目次 はじめに 言葉の解釈について はじめに 先日、何気なく以下の本を購入し、拝読させていただきました。 ・ 轟孝夫 『ハイデガーの哲学 『存在と時間』から後期の思索まで』、講談社現代新書、講談社、2023年。 この本を、全部ではないですが、ほぼ読みま…

The Rumfitt-Hirose Puzzles: A Reply

目次 はじめに 答え合わせ 第三問に関する先生の見解 第三問解答の整合的解釈 「根本的な問題の察知」について 最後に はじめに 前回は ・広瀬巌 「大学入試って何を試したいの?(上)」、『図書』、岩波書店、2023年5月号、 に載っていたオックスフォード大…

The Rumfitt-Hirose Puzzles

目次 はじめに 問題設定 第一問 爆発を回避せよ 第二問 ダイヤモンドを手に入れよう (第一弾) 第三問 ダイヤモンドを手に入れよう (第二弾) 解答について 第一問解答 第二問解答 第三問解答 おまけ 第四問 爆発を回避せよ (第二弾) 第四問解答 はじめに 先日…

Reading Kant's Kritik der reinen Vernenft, Part IV

目次 はじめに ドイツ語原文 ドイツ語文法事項 直訳 岩波訳 直訳と岩波訳の不明点について 意訳 はじめに 今日も再び Immanuel Kant の Kritik der reinen Vernenft をドイツ語原文で読んでみましょう。今回は「アリストテレスの論理学は進歩していない」と…

Reading Kant's Kritik der reinen Vernenft, Part III

目次 はじめに ドイツ語原文 ドイツ語文法事項 私訳 岩波訳 岩波訳と私訳との相違点 設問 はじめに 前々回に引き続き、今日も Immanuel Kant の Kritik der reinen Vernenft をドイツ語原文で読んでみましょう。今回は第ニ版 (1787年) の序文 (Vorrede) の中…

On a Few Titles I Was Impressed by the Last Year

今年も次の小さな雑誌を購入させていただきました。 ・『みすず』、読書アンケート特集、みすず書房、2023年1・2月合併号。 様々な方が、去年読まれた文献で、印象に残ったものの感想を述べておられます。 僭越ながら、私にとって印象に残った文献を以下に上…

Reading Kant's Kritik der reinen Vernenft, Part II

目次 はじめに ドイツ語原文 ドイツ語文法事項 直訳 岩波訳 私の誤訳と岩波文庫の正訳 フランス語訳 フランス語文法事項 直訳 はじめに 今日も Immanuel Kant の Kritik der reinen Vernenft のよく知られた文をドイツ語原文で味わってみましょう。今回は第…

Reading Kant's Kritik der reinen Vernenft

目次 はじめに ドイツ語原文 ドイツ語文法事項 直訳 岩波訳 直訳と岩波訳との相違点 フランス語訳 フランス語文法事項 直訳 解説 はじめに 今日は Immanuel Kant の Kritik der reinen Vernenft に見られる有名な文章をドイツ語原文で読んで、味わってみまし…

Der Beweis, daß eine Katze drei Schwänze hat.

語学の細かくて長い話が続いていますので、ここで息抜きに、小話を一つ。 日本の猫は、一匹につき、一本のしっぽを持っていますが、ドイツの猫は、一匹につき、三本のしっぽを持っていることが証明できます。 あるいは言い換えると、日本の猫は、一匹につき…

Reading Epictetus' Encheiridion through Hilty's German Translation, Part III

目次 はじめに ドイツ語原文 ドイツ語文法事項 直訳 岩波訳 直訳と岩波訳との相違点 フランス語訳 フランス語文法事項 直訳 個人的感想 はじめに 今日も前と同じように Epictetus の Encheiridion (要録/提要) を Carl Hilty の独訳で読みます。例えが面白く…

Reading Epictetus' Encheiridion through Hilty's German Translation, Part II

目次 はじめに ドイツ語原文 ドイツ語文法事項 直訳 岩波訳 直訳と岩波訳との相違点 フランス語訳 フランス語文法事項 直訳 個人的感想 はじめに 今回も前回同様、Epictetus の Encheiridion (要録/提要) を Carl Hilty の独訳で読んでみましょう。私の気に…

Reading Epictetus' Encheiridion through Hilty's German Translation

目次 はじめに ドイツ語原文 ドイツ語文法事項 直訳 岩波訳 直訳と岩波訳との相違点など フランス語訳 フランス語文法事項 直訳 第一節の内容に対する感想 はじめに ここ数年、私はひどい逆境に置かれています。そのため、書物に心の支えを求めることがある…

How to Read French Theories in Japanese

目次 はじめに フランス現代思想の模範的な読み方 フランス現代思想の読み方の実践例 個人的な疑問 終わりに はじめに ここのところ、語学的な話ばかりが続いておりましたので、一回息抜きを入れます。 私にとって、フランス現代思想はとても難しいです。そ…

Comparing Japanese Translations of Poincare's Science and Hypothesis, Part III: Why Does Poincare Think of Mathematical Induction as Synthetic A Priori?

目次 はじめに フランス語原文 フランス語文法事項 直訳 河野先生訳 (K) 伊藤先生訳 (I) 南條先生訳 (N) 各訳の主な相違点 総評 個人的感想 はじめに さて、前回と前々回に続き、今回も Henri Poincaré の『科学と仮説』の邦訳三種類と私訳である直訳を比較…

Comparing Japanese Translations of Poincare's Science and Hypothesis, Part II: Poincare on Mathematical Induction

目次 はじめに フランス語原文 フランス語文法事項 直訳 河野先生訳 (K) 伊藤先生訳 (I) 南條先生訳 (N) 各訳の主な相違点 総評 はじめに 今回も前回の続きとして、Henri Poincaré の『科学と仮説』邦訳三種類と私による直訳を比較してみようと思います。 以…

Comparing Japanese Translations of Poincare's Science and Hypothesis

目次 はじめに フランス語原文 フランス語文法事項 直訳 河野訳 伊藤訳 南條訳 各訳の主な相違点 総評 附記 発見の文脈と正当化の文脈 はじめに 最近、相次いで Henri Poincaré の『科学と仮説』の邦訳が出版されました。次の二つがそれです。 ・ ポアンカレ…

How to Solve the Russell Paradox from the Tractarian Point of View.

目次 はじめに ドイツ語原文 ドイツ語文法事項 独文直訳 独文逐語訳 既刊邦訳 仏訳 フランス語文法事項 仏文直訳 仏文逐語訳 Wittgenstein による Russell Paradox 解決法 — 石黒先生論文要約 はじめに 前回は別として、今まで Ludwig Wittgenstein の Tract…

On a Few Titles I Was Impressed by Last Year

先日、次の文献を拝見しました。 ・ 『みすず』、読書アンケート特集、みすず書房、2022年1・2月合併号。 著名な先生方が2021年に読まれ、興味を持たれた文献をアンケート形式で紹介しているものです。 私は著名でも何でもありませんが、私が昨年拝読して興…

Reading the Opening Installments of Wittgenstein's Tractatus

目次 はじめに ドイツ語原文 ドイツ語文法事項 独文直訳 独文逐語訳 既刊邦訳 仏訳 フランス語文法事項 仏文直訳 仏文逐語訳 個人的コメント お知らせ 今のところ毎月一回、月末の日曜日に更新を行なっています。しかし今後更新は不定期になるかもしれません…